logo

スリープモニター

寝なきゃ始まらない

 

新価格13200円

≪消費税・送料込≫

購入する

使い方

beddit-app-plugin

1.シーツの下にBedditセンサーを配置します。ベッドに固定してあれば、横になるだけ。スマートオン機能を使っているなら、床についたことを自動的に感知しデータ取得が始まります。スマートオン機能を使っていない場合、スマートフォン上で睡眠開始を押してください。

beddit-sleep-measure1

2.寝ている間にbedditセンサーはスマートフォンにデータを送り続けます。(睡眠時にbedditセンサーとスマートフォンがbluetoothで接続されていることをご確認ください。

beddit-app

3.朝起きるとデータ解析の結果が即座にスマートフォンのbedditアプリで確認することができます。朝起きるときはスマートオフ機能を使っているなら何もすることはありません。スマートオフ機能を使っていない時は睡眠終了を押してください。

特徴

まずはスコアで確認

 

起床時にスマートフォンでbeddit アプリを開くとまず一つの数字が目に飛び込んできます。100点満点で睡眠をスコア化し、75点以上ならよい睡眠、それ以下なら改善の余地があることを一目で理解できます。

 

sleep-score-95

beddit-landing-page_sleep-details

豊富な睡眠データ

 

睡眠は健康の基礎です。ストレスが溜まって眠れない、疲れが抜けないなど様々な問題と睡眠は少なからず関係しています。まずは知ることから始めましょう。bedditは、睡眠時間、浅い眠りと深い眠り、心拍数、呼吸数、いびきなどの詳細なデータを提供します。

睡眠を妨げません

 

一度、シーツの下(マットレスの上)にセットしてしまえば、毎晩ベッドに入るときの作業は何もありません。センサーを身につける必要はなく、センサーがあるのも全く感じません。睡眠を妨害することのないセンサー、それがbedditです。

ultra-thin-and-non-wearable4

利用者の声

 

高橋さま – 32

運転が仕事なので、安全な運転ができるように睡眠状態の確認を心がけています。徐々に自分のリズムがわかってきたような気がします。bedditを使いだして感じたのは、睡眠の時間ではなく、質が大切だということです。朝起きて、深い眠りが多かったときは、出勤するときも気持ちが楽になり、仕事もスムーズにこなせるようになりました。今では、どうやったらもっと睡眠がよくなるかいろいろ試してみるのが楽しみです。

 

阿部さま – 45

雑誌で睡眠と肌の関係についての記事を読んだことがあり、睡眠が気になっていました。睡眠を測れば肌がきれいになるわけではありませんが、体重計に載っても体重は減りません!よく睡眠がとれた日は、肌が潤っているような気がするので、よりよい睡眠を心がけてあの日の肌を取り戻したいです!

 

和田さま – 26

会社でストレスチェックが導入されました。ストレスへの関心が強くなり、睡眠がよかったかどうかでストレスがあるかわかるかもしれないと思い使ってみました。会社でのストレスは相変わらずですが、自分の睡眠を理解することにより少しだけストレスの少ない日々が送れるようになった気がします。とにかく、夜トイレに行ったとかそのあとしばらく眠れなかったとか細かい行動まで測れてびっくりしています。