Our Blog

Beddit-SleepScore-85-1000x920

新しいBedditスリープスコアでは複数の睡眠解析ロジックを一つにまとめました。
睡眠状態がよかったのか?それとも悪かったのか?より正確に把握することができるようになりました。

二つの重要な要素が睡眠を決定します。
睡眠量と睡眠の質です。長時間睡眠をとることで心身ともにリフレッシュすることができます。
睡眠の質は、爽やかな目覚めに影響をしています。生まれたばかりのあかちゃんを思い起こせば一目瞭然ですが、何度も目を覚ましながら8時間睡眠をとっても体は休まりません。
逆に6時間の睡眠であれぐっすり眠れば十分な休息をとることができます。

体重はキロやポンドで計ることができます。
Beddit sensorでは、睡眠状態を睡眠ポイントとして知ることができます。

SleepScore機能では、睡眠の質がゼロから100のポイントで示されます。75点以上が「よい睡眠」です。これを “Green Zone”と名付けました。時計の10時の方向にグリーンエリアがあり、「よい睡眠」が一目でわかるようになりました。

SleepScoreのベースとなっているのは睡眠時間です。すなわち、睡眠をとらなかった場合のスコアはゼロです。簡単に見えますが、目指すゴールは7~8時間の睡眠です。この睡眠時間に睡眠の質のデータが加減され、表示されるスコアとなります。

  • Activity during the night, 寝ている間の動き、すなわち寝返りです。少ないほどよい睡眠を意味します。.
  • Sleep efficiency, ベッドの上にいた時間。長いほどよい睡眠です。
  • Snoring, いびき。少ないほどよい睡眠です。
  • Number of bed exits, ベッドから離れた回数。少ないほどよい睡眠です。

これらが係数となり、組み合わさってスコアが計算されます。これらの係数は睡眠状態を計測するために適切に選ばれたものですが、今後も更なる改善を目指しています。